返済額アップのリスク

返済額アップのリスクは避けたいですよね。住宅ローンの金利は、大きく分けて2つのタイプがあります。「固定金利型」と「変動金利型」です。

どちらを選ぶのが有利なのでしょうか。両者を比較してみましょう。まず固定金利型ですが、これは借入時の金利が完済時まで変わらないものです。つまり借り入れ時点で、将来の返済計画が明確になります。

次に変動金利型ですが、こちらは長期プライムレートなどの変動に伴って、金利が変動するというものです。基本的に年に2回、金利が見直されます。元利均等返済の場合、毎月の返済額における利息と元本の割合が年に2回、計算し直されるということです。そして毎月の返済額自体は、5年ごとに見直されます。今は低金利なので、最初の5年間だけを見れば、固定金利型より変動金利型のほうがトクです。しかし、それ以後のことはどうなるかわかりません。可能性としては「金利上昇」のほうが多いと見るのが正しいでしょう。「返済額見直しの時期に、大幅に金利が上がっていた場合でも、返済額がお%以上増えることはない」というルールがあるため、リスクを小さく見積もりがちですが、別に利息を免除してくれると言っているわけではないので、注意が必要です。

もし、バブルのころのように急激な金利の上昇があった場合、月々の返済額における利息の割合はふくらみます。ときには、毎月の返済額を利息が上回り、「未払い利息」が積み上がるケースもあります。変動金利型は目先の金利が低く、多額のローンが組めるところが魅力です。しかし、将来の金利変動による返済額アップのリスクは、あまりにも大きいと言えます。こうしたことを考え合わせると、やはり「固定金利型」を選ぶのがベターではないでしょうか。

仲介手数料のTOPへ戻る