自分都合で探す

中古マンションはバリエーションが豊富

新築マンションの調査結果ですが、マンション購入時に重視した項目を見ると、上位に「価格」、「立地」(最寄り駅からの時間・通勤アクセス)、「広さ」がきています。

でも残念ながら、「立地」のよいマンションや「広い」マンションは、「価格」が高くなるという関係にあります。新築マンションで探すと、予算に限りがある場合、立地を取るか、広さを取るかの究極の選択を迫られることになるわけです。

中古マンションであれば、選択肢が多いので、重視する条件を「自分都合」で押し通すことが可能です。築浅のものから古いものまで、幅広く中古マンションが流通していることが分かります。もちろん、価格は古いほど安くなり、築5年以内は3000万円台、築61m年以内は2000万円台、築凶年以上になると1000万円台ですから、価格と希望条件のバランスを見ながら、探すことが可能ということです。

仲介手数料のTOPへ戻る