中古マンションの諸費用

「中古マンションは諸費用が高い」って本当?

中古マンションを敬遠する人のなかには、諸費用が高いことを理由に挙げる人がいます。確かに、マンションを庸入する際には、マンション本体の価格だけでなく、諸費用を用意する必要があります。諸費用は大きく分けて、「住宅ローンを借りる際に発生するもの」「登記する際に発生するもの」「売買の契約に付随して発生するもの」があり、入居後に発生する「税金」も諸費用に含まれます。

諸費用のなかでも金額が大きいものとして、住宅ロlンのローン保証料や、各種の登録免許税、司法書士への報酬料などが挙げられます。ただし、これらは新築であれ中古であれ、いずれの場合にも発生するものです。実際の諸費用の金額は、新築か中古かというよりも、借り入れるローンの種類や額、購入するマンションの広さによって大きく変わってきます。

一般的にマンション購入時の諸費用は、新築で物件価格の3〜7%、中古で6〜10%が目安といわれています。中古の諸費用の比率が高くなる理由は、不動産会祉に支払う「仲介手数料」が発生するためです。

諸費用の額は、同じ物件価格で比較するなら、当然中古マンションのほうが高くなります。しかし、申古マンションの物件価格が安い場合は、一概に中古の諸費用のほうが高いとはいえなくなります。

仲介手数料のTOPへ戻る